スケーリングビットコイン・ワークショップ

エンジニアリング界、学術界向け

2015年の初めにビットコイン開発者達は、ビットコイン・ネットワークのスケーラビリティと分散化特性を安全に改善する方法に関し困難な議論に直面しました。技術的な合意形成プロセスを支援するため、私達は技術的基準を収集し、提案を行い、分散化・ユーティリティ・セキュリティおよび実際のオペレーションとの間の複雑なトレードオフを十分に考慮した学術的規律と分析を備えた技術資料とデータを評価するためのワークショップを組織しています。これは、パフォーマンスとセキュリティがセキュリティ上重要なアプリケーションに対しトレードオフの関係にあったNIST-SHA3 設計プロセスの目的およびプロセスと同様であると考えられるかもしれません。

ビットコインは多くの利害関係者がいるP2P通貨であるため、可能な限り幅広い要件を収集し、そのプロセスを通じてビットコインの技術的特性に関する関係者の理解を深め、包括的かつ透過的なインフォームドプロセスを促進することが重要です。

より多くの聴衆に参加してもらうために、スケーリングビットコインはライブ配信され、同時進行のオンライン・ディスカッションとライブQ&Aに対応するIRCと WeChat による遠隔参加が可能となりました。

誰が参加すべきか。

  • 技術者(専門分野)
  • 関連分野の研究者
  • 技術刊行物に関係するジャーナリスト

スケーリングビットコイン イベント名のスポンサー

ゴールド

シルバー

ブロンズ

アカデミア

ローカルサポート組織